プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

子供にかこつけて、草野球を始めたものの見逃し三振だらけ・・・。
昔取った杵柄は、どうなった~と
メンバーに言われる始末。
次のヒット目指し、頑張ってます。
もちろん、仕事もね!

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

庭園の木々も色づき始めました~

師走も目前にせまり、今年も庭園の木々が紅葉し始めましたhappy01


お店の外からはもちろん、店内からも紅葉を眺めながらお食事を楽しめますgood


同じく庭園に生える「南天」にも実が付きました。
赤い実が緑の葉に良く映えてとてもキレイですbleah
「南天」は音が「難を転ずる」に通ずることから縁起の良い木とされ、「南天の葉」が日本料理の飾りつけによく使われます。食品防腐の成分も含んでいるので、彩りも兼ねて弁当に入れることも多いですgood

2011年11月17日 (木)

霜月の会席コースを一部ご紹介します

風が冷たく、もう初冬という感じですね。
昼間は日がさすと暖かさも感じられますが、朝晩は冷え込みが強くなりましたcoldsweats01
旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用います。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味ですwink

「霜月」の前菜です。熊手の上に柿に見立てたサーモンや、鶏の松風などの前菜五点を、「吹き寄せ」にして盛り付けています。
この季節、とりどりの木の葉が風でひと所に吹きよせられたさまに似るところから「吹き寄せ」と呼ばれます。

煮物(蒸物)で「甘鯛養老蒸し」です。甘鯛はこの時期が旬の白身で美味しい高級魚です。京都では「ぐじ」と呼ばれています。日本料理では、摺りおろした山芋を用いた料理を滋養があるものとして、「養老~」と付けることが多いですwink

揚物で「秋鮭と里芋木の子餡掛け」です。「秋鮭」は「秋味(あきあじ)」と呼びます。9~11月に川に上るため主に東北・北海道沿岸に寄ってきたものを「秋鮭(あきあじ)と呼び、脂がのって大変美味な季節魚です。
ちなみに、5~7月頃にとれるものを季節外れというような意味で時鮭(ときしらず・時不知)と呼びますgood


大花亭 のサービス一覧

大花亭